Skip to content

アオアシ 359話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

アオアシのマンホワシリーズは再び魅了されることでしょう。第359話の今後のリリースが間もなくやってきます。アオアシの次の章はファンを喜ばせること間違いなしです。物語の深みがさらに増しています。

もしもうしばらくこのマンホワを追っているなら、新しいチャプターがいつリリースされるかを知っているはずです。この記事では、アオアシ第359話のリリース日、潜在的なネタバレ、プロット、読み方ガイド、そしてこれまでに知っているすべてについて話します。それでは始めましょう!

アオアシ 359話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

アオアシ 359話: 発売日

良いニュースがあります『アオアシ』第359話は2024年2月5日に発売されます。『アオアシ』は異なる地域で異なるタイミングで発売される予定です。ただし!アオアシ は、2024 年2月4日mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: アオアシ359話 RAW – Ao Ashi 359 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ358話 RAW – Ao Ashi 358 RAW

アオアシ 358話: 要約とレビュー

バルセロナ戦の前に、栗林はジュニア時代から練習を重ねていた桐木との練習を重ねていたかもしれません。

幼いころから一緒にサッカーをしていた、という点ではバルセロナにも負けないくらいの時間の蓄積が、この二人にはありそうですよね。

開いた穴を埋める役をかってでている桐木ですが、栗林と試合前に連携の精度を高めるような練習を組んでおり、そこをある程度信頼しているから栗林は練習をしなかったのかもしれません。

まあ、栗林は天才型でしょうからそもそも練習は必要ないかもしれませんが、いざというときに桐木が見つけられるように訓練はしていたかもしれないです。

2人がどのような練習をしてきたのか、どのようなジュニア時代をおくっていのかなど、この辺の回想がさしこまれる可能性もありそうかと考察しました。

デミアンの能力で気がかりな点と言えば…、やはりコピー能力なのではないかと言われているところです。

今も、栗林が果敢に攻めているところをがっつり見ているデミアンですが…、後半に出場してきたデミアンが栗林の行動をコピーする、という流れは用意に想像できます。

となると、前半中にデミアンに栗林のすべての能力を見せてしまうのは非常にリスキーになると言えるでしょう。

Ao Ashi - Informações, Curiosidades, Resumo, Spoilers

アオアシ 359話: ネタバレと予想

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!デミアン・カントが注目するエスペリオンユース3人の連動?

栗林晴久と桐木曜一によるコンビネーションに絡んだアシト3人目の連動!

これがピッチにどのような変化をもたらすのでしょうか?

栗林晴久の独壇場となった時でも、それに桐木曜一のコンビネーションが加わった時でも、バルサU-18は王国のサッカーを変えることはありませんでした。

それはバルサの伝統… 各選手が自分の範囲に入ってきた選手を圧倒的な足技で潰し、即座にボールを奪還するというシステムです。

しかし、一般的には突出した選手がそこに現れた時には、こちらもエース級の選手がマンマークにつくのが当たり前のことと思います。

しかし、自分たちのサッカーに絶対的な自信を持つバルサU-18は、1人の選手をマークにつけることで空いてしまうスペースを嫌がるということもあったのではないでしょうか?

そこにイーグルアイによる俯瞰を持ったアシトの登場で連動が3枚に広がったわけです。

それを見ていたデミアン・カントはアシトの持つ特殊な能力に既に気付いていると考えられます。

その信じられないようなアシトの能力が本物であれば、僅かなスペースを活かしてバルサU-18のゾーンは破られる!

デミアン・カントの類まれなサッカーの直感は、アシトにボールが渡り3人の連動が始まった時点でアラームを鳴らし続けているのだと思われます。

そしてその危険性をバルサU-18の首脳陣に進言し、自分をピッチに立たせるように促すのではないでしょうか?

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!アシトの連動がエスペリオンユース全員を覚醒させる?

  • なんでそんな顔になるんだお前ら…5分もありゃ落ち着くだろ-!

栗林晴久のかけた発破に最初に反応したのは幼いころからともに切磋琢磨して来た桐木曜一でした。

その2人のコンビネーションがバルサU-18の3人の司令塔をかき回し中盤の支配を切り崩しました。

しかしスピードで上回るバルサのゴールを奪うまでには至りませんでした。

そして再びエスペリオンユースにチャンスが…そこでアシトが3人目の連動を果たし栗林晴久の絶妙なパスを受け取るのです。

その場面で福田達也監督が呟いたのは…この3人で中盤を握りにかかれ…という事でした。

その意図は、点を取り急ぐなと言う事でしょうか?

いや、中盤でまずバルサの勢いの拠点となる3人の司令塔を潰せという事でしょうか?

その福田達也監督の意志がアシト3人目の連動を通してエスペリオンユースみんなに伝播しチーム全員が覚醒するのではないでしょうか?

そしてチーム一丸となってバルサU-18のゾーンを切り崩していくのだと思います。

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!アシトのSBコンプリートへ栗林晴久が導く?

かつて福田達也監督からSBに転向を言い渡され落ち込んでいたアシトを不思議そうに見ていた栗林晴久。

その栗林晴久はルームメイトだった阿久津渚にSBじゃなかったらアシトはエスペリオンに入れなかったとも言っていました。

更にアシト本人にはコンプリートしたSBは世界を見渡しても未だに出ていないとも言いモチベーションアップにも一役かっています。

そしプロになる事のみにこだわっていたアシトの目を最初に世界に向けてくれたのも栗林晴久だったのではないでしょうか?

そんなアシトと栗林晴久がアルカスカップで世界のピッチに立ちました。

栗林晴久は自らの為にもアシトを鼓舞しながら攻守コンプリートしたSBに導いて行くのではないでしょうか?

Manga Ao Ashi hợp tác với huyền thoại bóng đá Barcelona | OtakuGO

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!4人目の連動は右SB浅利マーチス淳?

ダイアゴナルランでセンターを確保したアシトには何枚かのDFがプレッシャーを掛けに立ちはだかるでしょう。

その時、アシトにはあるスペースが目に入るはずです。

右のハーフレーン…そこにアシトと同じように”斜めに走る”のは右SBの浅利マーチス淳ではないでしょうか?

2人のSBが完全に上がってしまい、いつもなら頭に来ているはずの阿久津渚キャプテンもMFを下げることによりエスペリオンユースの決定的場面のバックアップを完成させます。

バルサ相手に中盤の支配からゴール前の決定的スペースを1年生コンビがやってのけ5レーンの右ハーフサイドに大きなチャンスを作るのです。

後は誰がフィニッシャーになるかだけ!

5人目の連動は遊馬でしょうか、凛胆でしょうかそれとも…アシト…?

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!福田達也監督ベンチから司令塔アシトへのサイン?

福田達也監督はバルサトップチームからもオファーをもらうような世界的天才サッカープレーヤーでした。

更にラ・リーガでプレーしていた時にはSCサバデルを率いてバルサと互角に渡り合うゲーム展開も見せてくれた上にその試合の最高殊勲と言う栄誉までもらっています。

バルサを研究しつくした福田達也監督にはバルサの選手達が持つDNAや首脳陣の考えるセオリー、そしてチーム戦術は知り尽くしていると言ってもいいでしょう。

ゲーム開始10分、バルサU-18が動いた時のほくそ笑んだ福田達也監督の表情は、この時を待っていたのではないでしょうか?

遂に動き出しベールを脱いだバルサU-18への対策の開始のサインが福田達也監督から司令塔アシトに出されスタジアムの度肝を抜くフォーメーションが始まるのではないでしょうか。

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!司令塔3人vs5レーンサッカーの勝敗?

バルサU-18の3人の司令塔とはどういうことなのでしょうか?

おそらくそれは同時に3つの選択肢となるチーム戦術が共存し、瞬時にベストのフォーメーションが選ばれるという事ではないでしょうか?

つまり守る側は、3つのフォーメーションに適応できる形を作って行かないと、簡単に抜かれるという事になるのではないでしょうか?

しかし我らがエスペリオンユースには3つの戦術を超えられるものを既に持っていたのではないでしょうか?

5レーン…5つのレーンの選択肢…福田達也監督の夢であり課題であった5レーンサッカーがバルサU-18相手に炸裂するのではないでしょうか?

単純に3つの戦術vs5つのフォーメーションという図式では割り切れない凄まじい攻守攻防戦が繰り広げられることが期待されます。

Found Another Interesting Soccer Manga: AO ASHI | PeakD

アオアシ359話ネタバレ最新話の考察!3人3様のバルサU-18司令塔?

キャプテンマークを付けてアルカスカップに臨むのは、背番号No6:MFシノ・アスカリ!

エスペリオンのトップチームを率いるガルージャ監督の息子で、背番号No8:MFユーリ・ガルージャ!

そしてほとんどデータらしきものがないもう一人の司令塔、背番号No16:MFアレックス・ファルコ!

この3人が全て司令塔ということは、どういった意味があるのでしょうか?

おそらく、バルサ伝統のポゼッションスタイルにおいて、3人がそれぞれ中盤を支配していると考えられます。

中盤の中央を支配するのはシノ・アスカリで、右をアレックス・ファルコ、左をユーリ・ガルージャが担当しているのでしょう。

バルサの伝統的なサッカーでは、中央レーンからの力強い突破が特徴的です。ここでキャプテンのシノ・アスカリが相手DFを力で制圧し、右のアレックス・ファルコのスピードが加わると、相手DFはついていけなくなるでしょう。

更に左のユーリ・ガルージャのデータサッカーが絡むと、相手はまるで裸の王様のようになり、完全に無防備な状態になるでしょう。

この3人が異なるアプローチで司令塔の役割を果たし、ベストなフォーメーションを自在に操っていくことが期待されます。

アオアシ 359話:どこで読むか

アオアシ 359 は、2024 年 2 月 4日mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

  アオアシ348話 RAW – Ao Ashi 348 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ359話 RAW – Ao Ashi 359 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ358話 RAW – Ao Ashi 358 RAW

結論

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *