Skip to content

呪術廻戦 250話 ネタバレ|高専側が1か月の間に準備したこと

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日mangak.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 250話 ネタバレ|高専側が1か月の間に準備したこと

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

登場した虎杖悠仁は爪が長く伸びて腕や顔にもアザのような模様があります。

1話で宿儺の指を食べた時も爪が伸びていました。

1話の時とは模様は違いますが、違う指なので模様が違くても不思議ではありません。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

宿儺の指でパワーアップしている可能性が高いです。

しかし宿儺に最後の指を奪われるリスクもあります。

虎杖悠仁を餌にして隙を作り乙骨あたりがトドメを刺そうと待機しているかもしれませんね。

術師たちはこの勝負に全てを賭けている可能性は高そうです。

虎杖悠仁が呪胎九相図を受肉したかもしれません。

宿儺を受肉した時の姿とは違うので呪胎九相図を受肉したと可能性が高そうです。

受肉した力を使いこなせれば元々の身体能力の高さもあるので成長が期待出来そうです。

虎杖悠仁は元々術式を持っていません。

そのため宿儺を取り込んだことで宿儺の術式が刻まれると五条悟が話していました。

長い爪は斬撃の術式が刻まれた証なのかもしれません。

そのまま刻まれても面白くないので虎杖悠仁ならではの斬撃を放てるようになってるかもしれません。

Jujutsu Kaisen': todos los detalles sobre la temporada 2 del anime revelación de fantasía urbana

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|死亡確定のキャラに見られる共通点とは

日車寛見が宿儺の刀でやられちゃって死んじゃったっぽいね。 実は『呪術廻戦』っていう作品、よーく見ると死んじゃうキャラに共通点があるんだよ。

それは、「右腕をなくすヤバい怪我をする」という描写があるってことさ。 このポイントにフォーカスして、これまでに死んだ主要キャラを見てみると、夏油と五条が当てはまるんだ。 247話での日車も確かに右腕を失っちゃった。

「腕欠損」って重傷を負ってるキャラは他にもいるんだけど、247話時点でまだ生きてるキャラは失ったのは全部「左腕」なんだよ。

『呪術廻戦』って、描写によく「死亡の予兆がある」ってのがあるんだって言われてるよね。 「右腕欠損=死亡確定」もそのひとつなんじゃないかな。

逆に言えば、これから右腕をなくすキャラが出てきたら、そのキャラは死ぬ予兆があるってことになるんだよね。 それに、247話まで再登場してない東堂については、失ったのは左手だから多分大丈夫そうだろうって予想できるよ。

キャラたちがどこにどんな怪我をするのか、これからも要チェックだね。

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|宿儺と虎杖の関係性とは

248話では、宿儺が虎杖の理想にイラっとしてたってのがわかったよね。 「身の丈に合った生き方」をしてる宿儺にとって、身の丈じゃない「理想」がうざかったって話だったんだ。

宿儺って虎杖に対して、なんか悪い感情抱いてるみたいだよ。 他の人にはあんまり興味示さない宿儺が、虎杖になるとなんか感情揺れ動いてるのが気になるところなんだ。 「つまんない」とか「嫌悪感」とかって感じだけど、他のキャラには向かない感じがするんだよね。

宿儺はこれを、「他人じゃないから」とかで説明してたみたいだけど、それだけなのかなって疑問だよね。

いくら受肉してるって言っても、他人は他人だろう? 宿儺みたいに他者の見方する人が、「受肉しているから」って理由だけで「他人じゃない」と感じるのは変じゃないかな。

そしたら、虎杖と宿儺の関係には「器と受肉した呪物」以上の何かがあるかもしれないって話になるわけ。 宿儺が他人じゃないと感じるほどのものって、「肉親の血を引く者」之類が考えられるんじゃないかな。

宿儺が前に鹿紫雲に、「忌み子だったかもしれない」とかって言ってたよね。 「忌まれる存在として扱われてた」って経験がないと、そんな発言しないと思うんだ。

そしたら、虎杖は宿儺の昔の肉親の子孫で、宿儺が忌み子として扱われた経緯もある可能性があるわけ。 羂索が虎杖の血筋を狙ったのも、そういう理由があるんじゃないかってのも気になるところだね。

Jujutsu Kaisen - Panini revela mais informações do lançamento da obra no Brasil

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|高羽は術式が使えず、呪術界を引退する⁉︎

夢の舞台での漫才が終わったら、高羽が白い装束になって仰向けに倒れてたんだ。 最高の相方である羂索が首斬られても、彼は微動だにしなかったんだよ。

お笑いの欲求がこんなにも満たされちゃった高羽は、これで呪術界引退しちゃうのかもしれないね。 なんでかって、高羽との戦闘中に羂索が言ってたんだけど、高羽のお笑い欲求が満たされない限り、戦いは終わらないと予測してたからさ。

たとえば、おなかがいっぱいになればもう食べ物はいらないって感じだよね。 それと同じで、お笑いへの欲求が満たされれば、もう周りからウケようとは思わなくなるだろう。

で、今高羽は夢の舞台で笑いをつかんだから、お笑いへの欲求が満たされたってことになるんだ。 だから、「自分がウケると思ったことが現実になる」高羽の能力は、しばらくの間使えなくなるんじゃないかな。

それに、宿儺との最終決戦も同時進行してるから、もし高羽がまたお笑い欲求を持ったとしても、その時にはもうすべての戦いが終わってる可能性もあるよね。

だから、高羽はこれから先戦わないで、呪術界引退しちゃうかもしれないね。

Jujutsu Kaisen Wallpaper by vale0912 on DeviantArt

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|乙骨の領域には弱点がある?

宿儺によると、領域内では乙骨が術式の模倣を制限なく使えるみたいなんだ。 実際、249話で乙骨は烏鷺の「宇守羅彈」を使ってたんだ。

この場面の描写見てみると、乙骨は領域内の刀を使って「宇守羅彈」を発動させたみたいだよ。 乙骨の領域にある刀には、模倣するための何かしらの意味や使命があるみたいな描写がされてるんだ。

だから、これって以前に言われたこととちょっと矛盾するんだよね。 五条と宿儺が戦ってたとき、虎杖が宿儺の領域の御厨子に注目したときに言われたのはこんな感じだったよね。

『通常、生得領域内で現れるものって、それ自体に特別な意味や使命があることが少ない』

領域内の物って基本的には何の意味もないもので、破壊する必要もないってことだったんだ。 でも、乙骨の領域の刀はなんかこれとは逆みたいだね。

だから、あの刀を破壊することで乙骨の模倣を制限できるとか、そういう可能性もあるんじゃないかな。 そうなれば、乙骨の領域の弱点はあの刀みたいな感じになるわけ。

もしかしたら、そういう分かりやすい弱点を見せることで、威力を上げる意味もあるんじゃないかな。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

  呪術廻戦245話 Raw – Jujutsu Kaisen Chapter 245 Raw 🎖️

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

結論

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *