Skip to content

アオアシ361話 ネタバレ|バルサU-18王国のポゼッションを破壊するハイプレス?

『アオアシ』、みんなが待ち望んでいる日本のマンガシリーズが、もうすぐ始まります。この有名なシリーズが好きな多くの人たちは、次のチャプターを待ちわびています。第361話がどんな展開になるのか、彼らは楽しみにしています。『アオアシ』は素晴らしいストーリーと面白いキャラクターがあるから、多くのファンがいます。シリーズの大ファンになった人も多いですよ。

人々は次の興奮を味わうために、次のチャプターが出るのを待ちきれません。第361話の公開日が近づくにつれ、ファンたちは興奮してしまっています。『アオアシ』の次のチャプターを読むのが待ち遠しくてしょうがないんです。

アオアシ 361話: 発売日

良いニュースがあります『アオアシ』第361話は2024年2月26日に発売されます。『アオアシ』は異なる地域で異なるタイミングで発売される予定です。ただし!アオアシ は、2024 年2月25日mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: アオアシ361話 RAW – Ao Ashi 361 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ360話 RAW – Ao Ashi 360 RAW

アオアシ 360話: 要約とレビュー

おそらく福田監督は「エスペリオン選手の育成」にまさかのバルセロナ選手をぶつけているのだと思われます。

こんな大それたことを考えるのは福田だけだと思います。

しかし、前半では気おくれしていた黒田や朝利が、今では勢いづいたアシトが彼らを率いて、エンジンをかける役目になっていました。

福田監督はこれらのアシトの行動が、プロ未経験の者たちの気持ちを後押しする物になると予想していたのではないかとネタバレ考察しています。

彼はこの試合で選手たちの育成を早急に進めるための場だと認識していると思いました。

日本でプロの選手と対抗させるのはもちろんいい事ですし、非常に学びも多い場になるとは思います。

しかし、本場のサッカー(フットボール)とはどうしても環境が違うでしょうし、またピッチもすべて天然の芝でできていて、本格的な強者との試合から得られるものは…。

日本で試合を積み続ける事よりももっと学びがあるでしょう。

福田監督は、プロ未経験の選手たちに、日本で活躍するプロ選手よりも、素晴らしい経験を積ませてあえて、場数を踏ませたいのではないかとネタバレ考察しています。

長いスパンで練習を積むことも大事ですが、やはり競合が集う世界で経験を積ませてあげる方が、もっとより良い選手に育つと考えたのではないでしょうか。

Ao Ashi Chapter 362 Release Date And When Is It Coming Out?

アオアシ 361話: ネタバレと予想

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!前半プラン本当のスイッチャーは阿久津渚キャプテン?

バルサU-18のCB、ダビド・オブシダンが試合序盤から視線を感じ、目がエスペリオンユースの前半プランのキーとなるスイッチャーと交わる瞬間があった。これにより、オブシダン選手がDFとしてプレーし、エスペリオンユースのFW、高杉榮作とのマッチアップが確定した。お互いの目が合うのは、ポジションにおいて競り合う関係であるため、ある種当然のことと言える。

オブシダン選手は恐らく、このような相手との対決に特に意識を払っているわけではないだろう。しかし、エスペリオンユースの前半プランが考察通りのハイプレスであるならば、最も警戒すべきはバルサの即時奪還からのカウンターだろう。その場合、前半のプランに連動したスイッチャーは守備においても機能しなければならない。

ここで重要なのは、このフォーメーションをコーチングできるスイッチャーがDFであるべきだろう。そして、その適任者は阿久津渚、エスペリオンユースの鉄壁CBである。彼がスイッチャーの役割を果たすのは、十分に考えられるだろう。

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!バルサU-18の即時奪還システムとエスペリオンユースのハイプレスの激闘?

バルサ陣営がエスペリオンのハイプレスによってDFラインを分断され、ポゼッションスタイルに支障をきたした際、彼らがどのような戦略で立ち向かってくるか、興味深いですね。

バサル王国の伝統的な即時奪還システムを強化してくることが予想されます。特に、この奪還を相手陣ゴール前で行えば、自ずとハイプレスが展開されることになります。しかし、エスペリオン陣営のDF陣は、自陣のハイプレスの基盤となるラインを巧みに組み立てていることでしょう。

ハイプレスのフォーメーションを敷く際に特に注意が必要なのは、相手の速攻に対するカウンターです。特にロングフィード主体のダイレクトサッカーとの相性が悪いとされています。この対策をDFラインが滞りなく繋がり、奪還がスムーズに行われると、ハイプレスが効果的に発動されることでしょう。

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!バルサU-18のDFラインを切り裂くエスペリオンFW陣?

狙われたバルサU-18のCBダビド・オブシダンは名実ともに王国DFの要となる選手なのでしょう。

そのダビド・オブシダンをあえて狙ったのには明確な理由があるのだと思われます。

それはは徹底したバルサゴール前でのハイプレスで相手のDFラインを断ち切る事ではないでしょうか?

そしてスイッチと同時にエスペリオンユースの全員がポジションを変えたのはハイプレスと同時に早々に先制点をあげるという意図を感じます。

そのためのエスペリオンユース前半のFW4人態勢のフォーメーションだったのでしょう。

バルサU-18戦前半戦、エスペリオンユースここで先制点となるでしょうか?

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!ボールポゼッションからハイプレス新しいスタイルの先駆となるエスペリオンユース?

日本国内では右に出る者もおらず、育成年代では王者の名を欲しい者にしていたエスペリオンユースのボールポゼッションでした。

しかし世界デビューで上には上がいるものです。

今ではサッカー界の定番であり伝統ともなったバルサU-18が駆使するボールポゼッションにはエスペリオンユースの戦士達も劣勢を強いられています。

そして序盤でこそ本家本元に真っ向から対抗して一定の成果を出したと思われたエスペリオンユースのポゼッションでしたがその後は押し込まれ前半半ばでのポゼッションは70%に近い数字をバルサU-18に持って行かれています。

これはFCバルセロナが伝統的に相手の戦意を失わせる数字とイコールの状況となっているのです。

Ao Ashi Chapter 329: Ngày phát hành & Spoiler | OtakuGO

しかし、遅れてスタートしたJリーグに数々の変革をもたらした日本代表のオシム監督以来、日本にはハイプレスという世界の先駆とも言っても過言ではない戦術を持っていました。

オシム監督が日本代表を率いた次期ですからそれは2006年-2007年シーズンの事。

以来、日本が格上の相手を手玉に取るときに使ってきたハイプレス…日本は上位のチームに強いと言われる所以となる戦術です。

ここで福田達也監督が遙か格上のバルサU-18にハイプレスをぶつけてくるのは、このアルカスカップでは有効な手として評価されることになるかも知れません。

育成年代におけるハイプレスの先駆者として!

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!福田達也監督ご指名のツイッチャーは高杉榮作だったのか?

前振りからだいぶ勿体ぶって、それでも名前を出さなかったスイッチャー!

更に標的とされたダビド・オブシダンとのアイキャッチ…これも思わせぶりです。

そして全面に描かれたそのダビド・オブシダンにプレッシングをかける高杉榮作の勇姿!

これでスイッチャーご指名問題は終わりなのでしょうか?

確かに高杉榮作選手はトップ昇格確実と言われていてエスペリオンユース豊作世代の中でも指折りの実力を持つ選手です、

しかし、どちらかというと独断専行型でやらかしてくれるキャラでもあります。

その最たるシーンは平先輩の引退試合…栗林晴久選手にガツンと言われた場面が思い浮かびます。

福田達也監督がスイッチャーの条件として挙げたのは大きくは2つです。

誰よりも責任感を持ち…全幅の信頼を受ける選手!

すみません…どうしてもキャラが一致しないのです。

では…何回も異論なし…と言っている司令塔のアシトでしょうか?

司令塔という線では適任と思いますが…全幅の信頼…ん〜少し違うか?

先ほどの福田達也監督の条件にピッタリと当てはまる選手は1人しか思い浮かびません。

阿久津渚キャプテン…スイッチャーはこの人だと思います!

アオアシ 361話:どこで読むか

アオアシ 361 は、2024 年 2 月 25日mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: アオアシ361話 RAW – Ao Ashi 361 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ360話 RAW – Ao Ashi 360 RAW

結論

 

  アオアシ359話 RAW – Ao Ashi 359 RAW

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *