Skip to content

呪術廻戦 250話:発売日、ネタバレ、どこで読めるか

「呪術廻戦」第250話の発売日が遂に明らかになった。この壮大なマンガは、力強い呪術師たちが舞台に登場し、人間が発する負の呪いエネルギーによって形成された致死的な呪いと戦う修行に励んでいる。

そして、次の章では、全ての視線が朱奈との壮絶な戦いに注がれることだろう。しかし、果たしてそれはいつ訪れるのか?ここに「呪術廻戦」第250話の発売日と時間に関する情報が網羅されている。そして、他のマンガの章をどこで読むことができるかも、是非知っておこう。

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日mangak.orgに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

一番可能性が高いのが、家入硝子の元に送られて何とか体を治せないか奮闘しているかもしれません。

やはりすぐさま憂憂が転送したのを考えると、五条復活の可能性を信じて転送させたような気がします。

現状を考えると、五条の力が必要ですし、どう考えても高専側が不利な状況に変わりありませんので、絶対的な術師が必要です。

もし復活すれば読者も喜ぶと思いますし、何よりも高専側にとってはとてつもなく大きな戦力にもなり、宿儺撃破も夢ではありません。

単純に羂索や他の呪術師たちに悪用されないように、厳重に保管されている可能性が高いです。

特に羂索は体を乗っ取るかもしれないですし、そうなると完全に宿儺や羂索を倒すのが難しくなってしまいます。

僅かな復活の希望もありますので、誰の手にも渡してはいけません。

宿儺曰く、家入の反転術式は人に使う場合、半分以下の効率になってしまうそうです。

それを踏まえると五条が送られた先は家入のところではなく、まだ見ぬ強力な反転術式を持った術師なのではないでしょうか?

現在の状況を考えると、すぐにでも五条の力が必要なので、あまり時間は掛けていられません。

一体どこに送られたのか気になるところですね。

Manga Jujutsu Kaisen z tygodniową przerwą z powodu choroby autora - MUSH.pl

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|宿儺の術式

宿儺の術式の下地には、星曼荼羅(ほしまんだら)や宿曜経(しゅくようどう)といった星座や占星術が使用されているのでは?といった前提を基に話を進めます。

詳細は省きますが、星曼荼羅や宿曜経で主に星座を中心とした内容の占星術が行われ、それぞれの星座には属性が設定されています(おおざっぱな理解ですがご了承ください)。

宿儺の呪詞の詠唱で登場する『流星の番い』が宿曜経での夫婦宮=双子座を意味していて、星座に対応する属性が風であることから、宿儺の”斬撃”は”かまいたち”のようなものになる可能性があります。

さらに、他の属性には火・水・土の3種類が存在するので、”「■」「開」”は火に対応するとして他2つはまだ発動していないことになります。

この設定であれば、宿儺が術式を2つ所持しているのではなく、1つの術式の切り替えになるので実質1つの術式ということになります。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|「真贋相愛」

宿儺の件かいとしては模倣の無制限使用とのことでしたが、必中効果としてはネタが弱い気もします。

ただ、領域内に無数の刀が存在していることから、先述した”刀”に模倣で術式をストックしていると考えるならば相当な量の術式を扱えるということになります。

「宇守羅彈」を使用すると同時に刀を手に取っていた点を考えても、やはり”刀”に術式をストックしていそうですね。

また、使用後に刀が崩壊していることから無制限とはいえ回数的な縛りはあるかもしれません。(ここでの無制限が時間であればの話です)

となると気になるのは、だれの術式をストックしているのか?です。

五条の死体が回収されたことから、五条の無下限が使える可能性も考慮したいですが、六眼もちではない乙骨が扱うのには無理がありそうです。

未だ見ぬ海外式の術式とか発動したら面白いですね。

ちなみに「真贋相愛」の真贋とは”本物と偽物”といった意味があるそうなので、本来の術式能力を遺憾なく発揮できる縛りとかもありそうですね。

Jujutsu Kaisen: todos os personagens principais morrem no mangá - AnimeBox

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|「真贋相愛」2

不義遊戯や呪言、宇守羅彈に関しては連続して使用できている(呪言と宇守羅彈に関しては期間をおいても使用できています)ので、領域内では無制限に使えると思いますが、個人的に気になるのが先述した”宇守羅彈を使用した後に刀が崩れた”点です。

時間的な縛りはないものの、刀に術式が乗っているのであれば刀がなくなると使用不可になるかもしれませんね。

それと、人外魔境決戦に突入する前の1か月の期間中の場面だと思うのですが、乙骨の狗巻がやり取りするシーンで

乙骨が「大事に使わせてもらうよ」と狗巻に発言しているシーンがありました。

”模倣”を使用するに際して体の一部を受け取った(もしくは全く別の何か)のであれば、模倣には使用回数上限が設定されているか、ストックできる数が限られているかどちらかの縛りがある可能性があります。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|「真贋相愛」の強み

「真贋相愛」の強みはなんといってもその手数の多さです。

縛りがあるとはいえ相当数の術式を扱えるのだとしたら、乙骨1人で数人分のポテンシャルがあると考えて良いでしょう。

また、宿儺が言及していましたが領域内に天使の術式が付与されているため、宿儺が「彌虚葛籠」を使用し続けることで腕と口を半分封じることができます。

Jujutsu Kaisen Chapter 247: Ngày phát hành & Spoiler | OtakuGO

実質的に宿儺の戦闘力を半分程度削ぐことができるので、勝率はその分上がるでしょう。

ということは、術式の同時使用も可能なのでは?

だとすると攻撃のレパートリーがだいぶ増えそうですね。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|魂を捉える打撃

宿儺の考察では”虎杖の魂を捉える打撃”で恵の肉体と宿儺の魂を引き離す算段であることが判明しましたが、”魂を捉える打撃”とは?

渋谷事変以降、確実に成長を続ける虎杖ですが”魂を捉える打撃”に関しては今回初めて出たワードではないでしょうか。

コマ割りを見ると日車と参戦した際に宿儺に与えた打撃を連想していたので、修行を経て体得した新技術でしょうね。

ここでやっと日下部との修行の伏線が回収されそうです。

また九十九の魂に関する研究についても詳細が明らかになるのではないでしょうか。

打撃の効力としては、魂に対して影響を与える要素が強いような気がします。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

  呪術廻戦239 RAW ENGLISH – Jujutsu Kaisen 239 RAW ENGLISH

結論

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *